負担が大きい看護師の仕事は、激務であるため途中で辞めてしまう人もいます。
しかし、ワークライフバランスが取りやすい環境ならば、仕事をする時の負担は小さくなるので、仕事もプライベートも大切に出来るので、現在つらい思いをしている人は、働き方を変えることによって、より良い形で仕事ができるため効果的です。

ワークライフバランスが取れる職場のメリットは、仕事と生活の偏りを減らせる点です。
仕事のために生活を犠牲にするといった無理をせずに、仕事が続けられます。
働き方の調整をするのは難しそうですが、看護師が仕事とプライベートの両方を大切にできるようになれば、離職率は減り、医療機関にとっても実はメリットになるのです。

ワークライフバランスが取れるようになると看護師は私生活を充実させられるので、仕事への意欲も増します。
しかも、結婚や出産でライフステージが変化しても働き続けることができます。
子育てをしながら仕事もできるようになるので、ママさん看護師もキャリアデザインを諦める必要がなくなります。

このようなメリットに着目して労働環境を見直している医療機関は増えてきましたが、実際はまだまだ少なく、看護師の人材不足は続いています。
そのため、今は看護師自身が自分に合った働き方を選択しなければ、状況は変えられないでしょう。
幸い看護師は、正社員以外にもパートや派遣といった非正規の働き方も選択しやすいので、限界を感じつつあるときには転職という方法も視野に入れてみてはどうでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 オンとオフの両方を大切に!. All Rights Reserved