看護師は女性にとって憧れの仕事の一つですが、その働き方はプライベートを犠牲にしている場合もあるので、離職率も高いようです。
そして、その結果、ワークライフバランスが取りにくい仕事として認知され、慢性的な人材不足に悩んでいる職種に数えられるようになりました。

看護師のワークライフバランスが安定していない背景には、「ハードすぎる労働環境」があるようです。
これは、労働環境の悪化によって看護師一人一人に課せられている仕事の負担が重くなっていることが原因になっています。
そして、それに耐えきれなくなって離職してしまう人も後をたたないため、退職者が出ると負担がさらに他の看護師にのしかかってしまうという悪循環が発生しているのです。

最近では結婚しても働き続ける女性が増えており、看護師は給与面で他職種よりも安定しているため、仕事と家事を両立させたいと考える人が少なくありませんが、看護師を取り巻く悪循環が解消されない限りは、ワークライフバランスは取りにくくなり、無理をせざるをえなくなってしまいます。

そのため、そんな看護師たちが抱える問題点を改善するためには、働き方の見直しをしなければなりません。
政府もこの問題を深刻なものとして捉えているため、労働環境を改善するために色々な改善案を提案しています。
しかし、改善案の実現には時間がかかりそうなので、まずは各看護師が自分で出来る対策を講じる必要があるでしょう。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2018 オンとオフの両方を大切に!. All Rights Reserved